敏感肌

敏感肌の原因は主に乾燥

肌質には様々なものがありますが、その中でも僅かな刺激に対して肌が反応してしまう状態を敏感肌と呼びます。

具体的には化粧水などがしみて、肌が赤くなってしまうなどの症状が出る場合があります。敏感肌になってしまう原因ははっきりとはわかっていません。

ただ肌に備わっているはずのバリア機能が衰えた際に、外部からの刺激が肌の内側に入り込むことで、敏感肌を引き起こすといわれています。

肌のバリア機能は保湿が鍵となっています。乾燥などによって肌の水分が失われることで、バリアが機能しなくなるのです。

この場合は乾燥性敏感肌と呼ばれ、刺激の少ない化粧水などを用い、肌の保湿を行うことで改善するケースもあります。

他にも睡眠不足や食事の偏り、ストレスなどの理由でも敏感肌は引き起こされてしまいます。

こうした日常生活の中にも乾燥肌になってしまう原因は潜んでいるのです。敏感肌を疑うことがあったら、肌に無用の刺激を与えず、優しく丁寧にケアを行うことが大切です。

敏感肌の原因と対策メニュー