敏感肌

敏感肌とアレルギー体質の関係

敏感肌はストレスや生活習慣のほかにもアレルギー体質であることも原因の1つです。

現代は、花粉症や食物など10人に1人か2人は何かアレルギーを持っているという時代。

食物による栄養摂取とも深い関係があります。

もともと皮膚にはバリア機能が備わっており、異物が入って来ないようになっていますが、栄養不足で皮膚の表面の角質を繋ぎ止めている細胞間脂質(セラミド)がしっかり作られず、もろくなったり、うまく形成されなかったりすると異物が入りこんでアレルギーを起こしやすくなります。

ターンオーバーも滞っている状態にありますから、ターンオーバーを促すのに必要な栄養素ビタミンAを積極的に摂って、どんどん新しい皮膚を作るようにしましょう。

ビタミンAは、緑黄色野菜や卵、レバーなどに多く含まれています。また、皮膚の元にはたんぱく質、皮膚の保湿にはアミノ酸がとても重要です。

お肌の状態の善し悪しは、外からのケアが占めるのは3-4割ぐらい。内側からのケアが半分以上を占めます。

敏感肌の原因と対策メニュー