敏感肌

敏感肌の症状と原因と予防

一般的に「敏感肌」とは、衣服が肌と接触した際にピリピリと感じたり化粧品や洗浄力の高い洗剤などを使用した際に肌が荒れたりするなどの肌の異常が他の人よりも起こりやすい肌のことをいいます。

敏感肌になってしまう原因には様々なものがあり、肌が乾燥している「乾燥肌」もそのひとつです。

乾燥肌の状態では外部からの刺激を防ぐための肌のバリアが損なわれているので、化粧水などを使用した際にしみたり赤くかぶれてしまったりする場合があります。

また、洗顔やクレンジングなどのスキンケアを誤った認識でおこなってしまった場合も敏感肌に繋がってしまうこともあります。敏感肌にならないためには身体の内側と外側の両方から肌のケアをおこなうことが重要となります。

皮膚の源となるタンパク質を日頃の食生活で積極的に摂取することや腸内環境を整え、悪玉菌の増殖を抑えて善玉菌を増やすように心がけることでも敏感肌をはじめとする様々な肌の異常を防ぐことができます。

敏感肌の原因と対策メニュー